恵みの雨が続きますね

恵みの雨が続きますね

7月は梅雨明けした途端に全く雨が降らなくなり、アピオスの葉やツルの一部が茶色く枯れたりしました。

これはイカンということで水やりを何日かしましたが、時間を掛けても人間がまく水なんて本当に雀の涙程度です。

いよいよヤバいかな?という頃に大雨が降りましたが、ホントに恵の雨になりました。

今日明日も雨のようですが、やっぱり時々雨が降ってくれないとどうにもなりません。

家の畑はとても乾燥しやすいので、去年も日照りでアピオスがやられてしまいました。

今年はしっかりしなければと思い、草を刈らずに様子を見ながら残したり、敷き草を敷いたりして管理していますが、流石に潅水設備までは必要ないだろうと思っていました。

ところが梅雨明け後の日照りで枯れそうになりましたので、やはり潅水設備が必要なんだなと感じました。

今年も多少迷ったりしたのですが、この時期に枯れてしまってはお話しになりませんので、来年は本当に点滴チューブを引くことにします。

明日以降はまたどんな天気になるのかわかりませんが、やっぱり時々雨が降ってくれないと、農家は本当に困りますねぇ。。。

タグ

2010年8月 2日|コメント (0)

カテゴリー:アピオスについて

コメントを投稿する

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)